トップページ >肌荒れの症状と解消方法> ストレスを貯めない事

ストレスを貯めない事

肌荒れだけではなくて、一般的に、身体の調子がよくないことの原因に、
ストレスがあります。

ストレスと一言でいっても、実際はストレス自体が何なのか、
よくわかっていないことがほとんどです。

私自身の解釈ですと、ストレスって、精神的な部分がほとんどで、
自分にとって、嫌なことや苦手なことなどをやっているときに、
感じる、感情がストレスと思っています。

つまり、自分にとって、楽しいことをしているとき以外は、
何らかのストレスを感じているのではないでしょうか?

感情が暗くなると、身体も動かなくなり、
やる気がなくなります。細胞の活性も悪くなりますよね。

すると、身体への異常が何らかの形で出始め、
病気になったり、肌が荒れたりするわけです。

ストレスは感じやすい人もいれば、
感じにくい人もいるようです。

ストレスをストレスと感じることがなく、
いつの間にかストレスを貯めてしまい、身体に何らかの、
症状が出るまで気がつかないという人もいるので、
自分の身体の状態を常に気にすることは大事ですね。

ストレス社会と言われている現代では、
日常を過ごしているだけで、何らかのストレスは、
受けているようですので、定期的に、感情が、「快」になる、
ストレス解消法を見つけると良いですね。