トップページ > 乾燥肌

乾燥肌

肌はなぜ、乾燥するのか?

肌荒れの代表的な症状に、「乾燥肌」があります。

乾燥肌は、寒い時季になりますと、肌がカサカサになり、
ひどい時には、肌が切れて出血を伴うこともあります。

特に、水仕事をしている人で、乾燥肌である場合、
指の間接あたりが切れやすく、1度切れてしまった肌は、
完治をするまでに時間がかかり、常にヒリヒリと、
傷みを生じます。

なぜ、乾燥肌になってしまうのか?

遺伝の関係で生まれつき、
乾燥肌ということもありますが、
乾燥肌になってしまうには、多少なりとも、
原因があります。

乾燥肌になってしまう原因のほとんどが、
生活習慣からとされているようです。

例えば、暖房に当りすぎ。

栄養バランスが崩れている食事習慣。

睡眠不足。

肌に合わない石鹸を使用している。

肌に合わない下着を使用している。

などが、乾燥肌の原因とされているようです。
乾燥肌を改善するのには、まずは、生活習慣を、
見直してみることが大切ですね。

肌は乾燥が苦手?!

肌が乾燥をすると、かゆみが出たり、
皮膚が割れたりする可能性があります。

本来、肌(皮膚)は一定の水分を保っていますが、
肌が乾燥をする、いくつかの原因によって、
肌(皮膚)の水分は、自然と失っています。

特に、秋から冬にかけての気候は、
空気が乾燥をしていることもあり、
肌の水分を失いやすい環境にあります。

また、
季節は関係なく、
石鹸を多用する。食生活の乱れ。エアコンに当たりすぎなども、
肌が乾燥する原因となります。

肌が乾燥をする原因をできるだけ、避けて、
生活をするのが良いのですが、
生活習慣を変えるのは相当な努力が必要になります。

もちろん、ゆくゆくは、生活習慣を改善していくことに、
越したことはないのですが、肌が乾燥をするような環境にいた場合、
失った水分を肌に補給をすることが、乾燥肌を軽減する方法です。

「保湿」という言葉を聞いたことがあると思いますが、
保湿は、肌が乾燥をする前に行うことが重要です。

すでに、乾燥してしまった肌に保湿をすることは、
悪くはないですが、
できることなら、肌が乾燥をして、細胞が壊れてしまう前に、
あらかじめ、肌を保湿しておくことで、乾燥から肌を守ることができます。