トップページ > 肌荒れとニキビ

肌荒れとニキビ

ニキビができるのに肌質は関係ない?!

肌荒れの代表的なものに、ニキビがあります。

ニキビができやすい肌はオイリッシュな肌と言われることが多いですが、
まったくそのようなことはなく、ニキビは乾燥肌であってもできます。
ニキビができるのに、肌質は関係ありません。

ニキビができやすい年齢は、成長期にあたる、
十代と言われておりますが、ご存知の通り、
ニキビは、十代でなくてもできますよね。

そして、厄介なことに、十代でできるニキビより、
二十代になってからできるニキビの方が、
重大であることが多いですよね。

なぜ、二十代になってからできるニキビは重大なのか?

十代の頃にできるニキビの多くは、
成長期によってホルモンバランスが崩れるのが原因とされています。
もちろん、肌のケアを怠ってしまった、場合においても、
ニキビができる可能性はありますが、
十代の頃にできるニキビの原因の多くが、
成長期によるホルモンバランスの崩れでしょう。

しかし、二十代になってからできるニキビの原因は、
ホルモンバランスの崩れもありますが、
仕事や人間関係によるストレスが原因で肌が荒れ、
ニキビができやすくなります。

ストレスによってホルモンバランスが崩されてしまいます。

ニキビは1度発症してしまうと、完治するまでに結構な時間を要するので、
できることなら、ニキビができないように、
普段から予防をしていきたいですね。

ニキビの予防は身体の外から予防をする方法と、
身体の中から予防をする方法とがあります。

栄養バランスのとれた食事を摂取し、
規則正しい生活を送ることが、ニキビ予防への第一歩となりそうですね。

ニキビかと思ったら菌による湿疹?!

肌荒れの中でも様々な部位に発症をして、治り難いのが、
ニキビです。

ニキビは10代の勲章のようなことを言われた時代も
ありましたが、大人になっても、ニキビは発症します。

むしろ、大人になってから発症をしたニキビで、
悩んでいる人は多いでしょう。

ニキビが発症をする部位は、口の周り、頬、
鼻の周り、おでこなど、顔周辺。

それと、背中や肩、胸にもニキビは発症します。
発症をしたニキビを軽減する方法は、
市販の薬もありますが、あまりにも、ニキビがひどい場合は、
皮膚科に相談をするのが良いでしょう。

皮膚科に相談をした結果、ニキビだと思ったいたのが、実は、
マラセチア菌(カビの一種)による湿疹の可能性もあります。
マラセチア菌(カビの一種)による湿疹は、
ニキビと同じような部位に発症をし、ニキビと混じって、
湿疹ができますので、見た目ではニキビと間違えやすいです。

ニキビは放っておくと、いつの間にか増えてしまっているので、
ニキビが発症をしないように、
あらかじめ、予防をするのはもちろんですが、
できてしまったニキビを早急に治療することも大事ですね。

ニキビはこんな部位にも発症する!?

ニキビの原因としてよく知られていることは、
ホルモンバランスの崩れです。

中学生の頃など、成長期にできるニキビのほとんどが、
ホルモンバランスの崩れによるものが原因でしょう。

ホルモンバランスの崩れから発症するニキビは、
成長期が落ち着くことで、ニキビの発症も落ち着いてきますが、
大人になってできるニキビは、成長期にできる時のニキビと違って、
原因がいくつかあります。

主な原因としては、
やはり「ストレス」が挙げられます。

ストレスから、身体に何らかの負担がかかり、
ニキビとなって、発症します。もちろん、肌を不潔にしていることでも、
ニキビの原因となりますが、今の時代では、肌を不潔に
することは、ほとんどありませんよね。

大人になってからできるニキビは、
成長期のニキビと違って、ニキビが発症する部位も異なります。

頬や口の周り、アゴはもっともニキビが発症する部位として、
有名ですが、ニキビは背中にも発症します。

そして、背中にできたニキビは、
頬や口の周り、アゴにできるニキビより厄介です。

何が厄介かと言いますと、背中にできるニキビは、
状況が確認しずらいですし、手当てもしずらいです。

背中にニキビができないようにするための予防は、
しっかりと、背中を洗うこと、そして、日焼けも、
できるだけしないことがよいでしょう。

日焼けをすると、ニキビだけではなくて、
シミの原因にもなりますからね。