トップページ >肌荒れとニキビ> ニキビができるのに肌質は関係ない?!

ニキビができるのに肌質は関係ない?!

肌荒れの代表的なものに、ニキビがあります。

ニキビができやすい肌はオイリッシュな肌と言われることが多いですが、
まったくそのようなことはなく、ニキビは乾燥肌であってもできます。
ニキビができるのに、肌質は関係ありません。

ニキビができやすい年齢は、成長期にあたる、
十代と言われておりますが、ご存知の通り、
ニキビは、十代でなくてもできますよね。

そして、厄介なことに、十代でできるニキビより、
二十代になってからできるニキビの方が、
重大であることが多いですよね。

なぜ、二十代になってからできるニキビは重大なのか?

十代の頃にできるニキビの多くは、
成長期によってホルモンバランスが崩れるのが原因とされています。
もちろん、肌のケアを怠ってしまった、場合においても、
ニキビができる可能性はありますが、
十代の頃にできるニキビの原因の多くが、
成長期によるホルモンバランスの崩れでしょう。

しかし、二十代になってからできるニキビの原因は、
ホルモンバランスの崩れもありますが、
仕事や人間関係によるストレスが原因で肌が荒れ、
ニキビができやすくなります。

ストレスによってホルモンバランスが崩されてしまいます。

ニキビは1度発症してしまうと、完治するまでに結構な時間を要するので、
できることなら、ニキビができないように、
普段から予防をしていきたいですね。

ニキビの予防は身体の外から予防をする方法と、
身体の中から予防をする方法とがあります。

栄養バランスのとれた食事を摂取し、
規則正しい生活を送ることが、ニキビ予防への第一歩となりそうですね。